交通事故の慰謝料は何もしなければ安くなることも

交通事故にあった時に支払われることになる慰謝料は、保険会社が提示する額では妥当な金額ではないことがあります。
時には事故で負った障害の程度に見合わない安い金額を提示されてしまうことも決して珍しい事ではありません。
損害賠償の算定基準には自賠責基準と任意保険基準、弁護士会基準の3種類があり、それぞれの算定方法によって同じ障害でも賠償額に大きな開きが生じてしまいます。
自賠責の場合は傷害のみで120万円が支払い限度額となっています。
この支払い限度額を超えますと任意保険で賠償をすることになりますが、保険会社によって賠償額の算出基準が異なっているうえ、その方法は原則的に非公開となっており、部外者が簡単に知ることはできません。
任意保険の賠償となった場合でも弁護士会の基準の半額しか支払われません。
保険会社が提示してきた賠償額に納得がいかない時は、弁護士にその書類を確認してもらうとよいでしょう。
弁護士に交通事故の慰謝料について相談するときは、それを得意分野にしている弁護士に依頼すると安心できます。
事故に詳しい法律事務所には経験が豊かな弁護士が多く在籍しているため、後遺障害の等級認定に不満があってもスムースに異議申立を行うことが可能です。

→関連ウェブサイト←