人材派遣会社の採用担当者の憂鬱

人材派遣会社の採用担当者は、2020年7月現在において最も忙しく大変な労働者のひとりだと言えます。
新型コロナウイルスの影響によって、会社をリストラされたり、会社自体が無くなってしまったりなどで人材派遣会社に登録して新型コロナウイルスの影響が収まるまでなんとかしのごうという方が増えているのです。
登録者が増えるという事は、人材派遣会社の経営者にとっては嬉しい悲鳴になるのかもしれません。

しかし、採用担当者を始めとしたスタッフには多大なる負担やストレスがかかっているのかも知れません。
現在の日本において人材派遣サービスは珍しくありません。
スタッフに負担をかけすぎてしまって離職されたのでは意味がありません。
人材派遣会社の経営者としては、スタッフの負担を減らしながら、増加している登録者への配慮も欠かさず行う必要があります。

一見すると両立しないような状況も、HRコボットというRobotic Process Automationサービスを導入することで両立させることができます。
HRコボットは、登録希望者と行うべき面談までのプロセスを自動化することができるRobotic Process Automationサービスです。
実際に面談は担当者が行わなければいけませんが、それでもかなりの効率化になります。
新型コロナウイルスが終わった後でも、人的リソースを有効活用することができますのでおすすめです。